/

この記事は会員限定です

かまどに囲炉裏、研修は自給自足で オタフクHDが新施設

[有料会員限定]

オタフクホールディングス(広島市)は山口県平生町に木造の研修施設を新設した。土間にかまど、囲炉裏、縁側を設けるなど日本の伝統的な建築様式とし、まきでご飯を炊いたり、目の前に広がる海や裏にある山を眺めたりして非日常の空間を体験する。研修に参加するお多福グループの各社の社員が寝食をともにしながらチームの団結力を磨き上げる。

投資額は1億3千万円。敷地面積3055平方メートルに延べ床面積622平方メート...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン