/

この記事は会員限定です

都内自治体、保育所で1歳児の受け入れ拡充

[有料会員限定]

東京都内の自治体が待機児童の解消策として、保育所で1歳児の新規受け入れに力を入れ始めた。都内の待機児童数は年齢別にみると、1歳児が最も多い。1年間程度の育児休業を終えた親が保育所の1歳児クラスに預けたいと考えるケースが多いためだ。足立区などは保育所の運営事業者の公募で、1歳児の新規入所枠を重視する方針を伝えた。

足立区は待機児童374人(2017年4月時点)のうち1歳児は209人と、0歳児の2....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り696文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン