/

この記事は会員限定です

長野ののぞみグループ、ベトナムに介護技術を輸出

[有料会員限定]

介護・医療施設を運営するのぞみグループ(小諸市)はベトナムに日本式の介護技術を輸出する。国際協力機構(JICA)の政府開発援助(ODA)資金を使って4月からハノイで介護人材を育てる学校と介護施設の一体運営モデルの調査に着手。実現の可能性があれば2021年をメドにモデル施設を開設する。高齢化が進むベトナムで人材を育て、日本での実習生受け入れも目指す。

このほどJICAの案件化調査に採択され、3000...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン