2018年7月17日(火)

7/17 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 続伸、約1カ月ぶり高値 食品株が高い
  2. 2位: 株 猛暑、外国人買い… 臆病な投資家の「うたげ」いつまで[有料会員限定]
  3. 3位: デジタルで進化する個人投資家 プロ顔負け機能を駆使
  4. 4位: 対ロ劣勢、対中優勢のトランプ氏[有料会員限定]
  5. 5位: エーザイ、株高導く「1兆円」新薬の潜在力[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,572,868億円
  • 東証2部 98,688億円
  • ジャスダック 103,495億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.59倍15.05倍
株式益回り6.84%6.64%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,697.36 +100.01
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,720 +120

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

急騰で始まった株式相場 96年の二の舞い許すな
編集委員 前田昌孝

(1/2ページ)
2018/1/10 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 今年の東京株式相場は日経平均株価がいきなり大幅上昇して始まった。経営者に聞く日本経済新聞の恒例の株価アンケートでは、20人中17人が今年の高値を2万5000円以上と予想しており、幸先のいいスタートだ。大発会が高かった年は約7割の確率で年間でも株高になる経験則がある。今月下旬から始まる昨年4~12月期の決算発表で業績予想がさらに上方修正されるかどうかがポイントだ。

 米国のダウ工業株30種平均、ナス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム