2019年7月20日(土)

旭硝子、バイオ医薬事業の中枢機能 米シアトルに移管

2018/1/9 12:30
保存
共有
印刷
その他

旭硝子は9日、グループのバイオ医薬事業の中枢機能を米国シアトルの拠点に移管すると発表した。併せて欧米で同事業を手掛ける子会社の社名を「AGCバイオロジックス」に統一。世界4カ国にある6拠点を一体運営できるようにする。

旭硝子はバイオ医薬品の開発支援や受託製造サービス(CDMO)を手がけており、日本の旭硝子本社にある同事業の中枢機能をシアトルに移す。グループには米CMCバイオロジックスと独バイオミーバがあり、日本の千葉、横浜のほか、独ハイデルベルクなどに拠点を持つ。

それぞれの拠点によってバイオ医薬の製造に動物細胞を使ったり、微生物を使ったりと特徴が異なる。社名を統一し、シアトル拠点での一体運営に切り替えることで、顧客の要望に応じて最適な拠点がサービスを提供できるようにする。

旭硝子はバイオ医薬を含むライフサイエンス事業を戦略事業に位置づけ、将来の収益源に育てる方針。2017年にはCMCを約600億円で買収するなどM&A(合併・買収)も活発だ。2月に公表予定の新しい中期経営計画では、同事業の成長戦略も盛り込む見通し。ライフサイエンス事業だけの収益や従業員数は開示していない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。