/

この記事は会員限定です

構成家!? 望月京

[有料会員限定]

「芸術の都」のはずのパリで、「作曲家」と自己紹介しても意外に理解されないことに、留学以来幾度となく驚かされてきた。

先週ここに書いた3人目の大家の靴屋のおばさんに限らず、「作曲家」と伝えてこれほど怪訝(けげん)な顔をされるのは、発音の問題なのか、文化度に差があるのか。さして気に留めてはいなかったが、その理由に今さらながらふと思い当たった。

日本語では、「さっきょくか」と聞けば、適合する漢字を想像し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン