私立中、英語を受験科目に 大学入試改革を意識

2018/1/9 14:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

入試科目に英語を取り入れる私立中学が増えている。2020年度に小学5~6年で正式教科になるのを前に、小学生の英語熱が高まっていることが背景にある。20年度に始まる大学入学共通テストで「読む・聞く」に「書く・話す」を加えた4技能が問われるようになることを踏まえ、英語の得意な子供を囲い込みたいとの思惑もあるようだ。

17年11月、共立女子中学(東京・千代田)で18年度入試の模擬テストが行われた。同校…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]