外務次官に秋葉氏、駐米大使に杉山氏を起用

2018/1/9 12:00
保存
共有
印刷
その他

政府は9日の閣議で、佐々江賢一郎駐米大使の後任に外務省の杉山晋輔次官を充てるなどの人事を決めた。杉山氏の後任には秋葉剛男外務審議官(政務担当)、秋葉氏の後任には森健良北米局長をそれぞれ起用する。発令は杉山氏が29日付、その他が19日付。

杉山 晋輔氏(すぎやま・しんすけ=駐米大使)77年(昭52年)早大法中退、外務省へ。アジア大洋州局長、外務審議官(政務担当)、16年6月事務次官。愛知県出身、64歳。

秋葉 剛男氏(あきば・たけお=事務次官)82年(昭57年)東大法卒、外務省へ。国際法局長、総合外交政策局長、16年6月外務審議官(政務担当)。神奈川県出身、59歳。

森 健良氏(もり・たけお=外務審議官)83年(昭58年)東大法卒、外務省へ。米国公使、官房審議官、15年10月北米局長。東京都出身、57歳。

鈴木 量博氏(すずき・かずひろ=北米局長)86年(昭61年)東大教養卒、外務省へ。国際協力局政策課長、エチオピア大使、16年8月米国公使。東京都出身、56歳。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]