/

メキシコ自動車生産、17年8.9%増

輸出好調、8年連続で過去最高

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ自動車工業会(AMIA)が8日発表した2017年の国内自動車生産台数は前の年に比べて8.9%増の377万台となり、8年連続で過去最高を更新した。米国向けを中心とした輸出が好調だった。

輸出台数は310万台と12.1%増えた。輸出全体の75%を占める米国向けが9.4%増と好調だった。そのほかの主要市場をみると、欧州ではドイツ向けやイタリア向けが大幅に増加。南米向けではブラジルやアルゼンチンが順調だった。

一方、輸入車を含む、国内の新車販売は8年ぶりに減少。メキシコ国内の新車販売台数は4.6%減の153万台にとどまった。インフレ率が足元で6%台に達し、同国としては比較的、高い水準で推移している。さらに政策金利の引き上げで、自動車ローンを含む各種ローン金利に上昇圧力がかかり、購買力の低下が指摘されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン