/

前橋育英が初優勝 全国高校サッカー

流通経大柏―前橋育英 後半終了間際、決勝ゴールを決め駆けだす前橋育英・榎本=中央(8日、埼玉スタジアム)=共同

第96回全国高校サッカー選手権は8日、さいたま市の埼玉スタジアムに4万1337人の観衆を集めて決勝が行われ、前橋育英(群馬)が流通経大柏(千葉)に1-0で競り勝ち、21度目の出場で初優勝を果たした。群馬県勢としても初制覇。

ここ4大会で3度目の決勝に進んだ前橋育英は後半ロスタイム、ゴール前のこぼれ球を榎本樹が右足で蹴り込んだ。昨夏の全国高校総体を制した流通経大柏は守勢の展開を耐えたが、最後に今大会初失点を喫し、10大会ぶり2度目の優勝には届かなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン