/

マハティール氏、野党連合の首相候補に選出

【シンガポール=中野貴司】マレーシアの野党連合・希望同盟は7日、マハティール元首相を首相候補として次の総選挙に臨むことを決めた。複数の現地紙が伝えた。2018年8月までに開かれる次の総選挙で、ナジブ首相率いる与党連合とマハティール氏率いる野党連合が争う構図が固まった。

03年まで22年にわたってマレーシアの首相を務めたマハティール氏は16年に新党のマレーシア統一プリブミ党を結成。新たな野党連合の結成を主導し、ナジブ政権打倒を目指す方針を鮮明にしていた。首相になるには下院議員である必要があり、04年に下院議員を引退したマハティール氏は次の総選挙に出馬することになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン