訪日受け入れ玄関てこ入れ 入管自動化などに20億円

2018/1/7 1:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省や法務省などは2018年度から、急増する訪日客でパンク状態にある税関などの受け入れ体制を強化する。入国管理といった検査部門の自動化を進め混雑を緩和するほか、大型の国際イベントに備えたテロ対策もてこ入れする。予算不足などで後手に回ってきた観光インフラ整備がようやく動き出す。

訪日客数は17年11月時点で2600万人と過去最高を更新。国は訪日客数の目標を20年に4000万人、30年に6000万…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]