/

この記事は会員限定です

地域ブランドのツールに Strolyの高橋真知社長

[有料会員限定]

デジタルとアナログを融合した地図サービスを2018年春から本格展開するStroly(ストローリー、京都市)の高橋真知社長に今後の戦略などを聞いた。

――サービスの特徴は何ですか。

「手書き地図をだれでも気軽に投稿できる点だ。サイトに投稿するだけでなく、ブログで一般の利用者がオリジナル地図をストローリーのサービスを使って公開する形もある。地域ブランディングのツールとして自由に使ってもらいたい」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン