2019年5月27日(月)

電算、社員が信州大准教授兼務 セキュリティーを支援

2018/1/5 23:00
保存
共有
印刷
その他

システム開発の電算は信州大学との間で、社員1人を准教授として兼務させる「クロスアポイントメント制度」の契約を結んだと発表した。電算でサイバーセキュリティー関係の研究をしている社員が信大総合情報センター(長野市)で勤務し、大学のセキュリティー向上に向けた情報収集や施策の立案などを担う。電算が大学とこうした契約を結ぶのは初めて。

期間は2019年3月までの予定。勤務時間は電算で7割、信大で3割とする。信大の情報システムのセキュリティー強化に関わるほか、サイバーセキュリティーに関する研究なども手掛ける。

信大は「世界規模でサイバー攻撃が増えている。大学も標的になっている」(総合情報センター)と説明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報