恩師ら さらなる飛躍を期待 羽生、井山両氏の国民栄誉賞

2018/1/5 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前人未到の記録を打ち立てた希代の現役棋士2人の国民栄誉賞受賞が5日、正式に決まった。将棋で初の永世七冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で七冠を2回成し遂げた井山裕太氏(28)。同日午後、記者会見した2人は「一層の精進」や「成長」を誓った。2人を支えてきた人たちも功績をたたえ、さらなる飛躍への期待を口にした。

「多くの子供が将棋を始めるきっかけになったらうれしい」。羽生氏が小学2~6年まで通っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]