/

この記事は会員限定です

キヤノン御手洗会長 「M&A、医療や監視用カメラを強化」

[有料会員限定]

キヤノンの御手洗冨士夫会長兼最高経営責任者(CEO)は5日、日本経済新聞のインタビューに応じ、2018年の展望について語った。主なやりとりは次の通り。

――18年12月期の業績をどう見ていますか。

「17年はカメラや複合機などの既存事業が好調だった。医療や産業機器などの新規事業も加わり、増収増益となったもようだ。18年は市況環境がさらにいいので、2期連続の増収増益を目指している」

――20年まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン