2018年4月22日(日)

東芝問題と「建設的曖昧さ」 佐藤隆文氏
日本取引所自主規制法人理事長(元金融庁長官)

私見卓見
2018/1/9 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京証券取引所に上場する企業の審査を担う日本取引所自主規制法人の理事長として、東芝の会計不正問題に向き合った。東芝は上場廃止のおそれがある「特設注意市場(特注)銘柄」に指定されていたが、2017年10月に自主規制法人の理事会が特注指定の解除と上場の維持を決めた。判断基準が曖昧で投資家を混乱させた、との議論が聞かれたので、「建設的曖昧さ(constructive ambiguity)」という考え方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報