/

この記事は会員限定です

東芝問題と「建設的曖昧さ」 佐藤隆文氏

日本取引所自主規制法人理事長(元金融庁長官)

[有料会員限定]

東京証券取引所に上場する企業の審査を担う日本取引所自主規制法人の理事長として、東芝の会計不正問題に向き合った。東芝は上場廃止のおそれがある「特設注意市場(特注)銘柄」に指定されていたが、2017年10月に自主規制法人の理事会が特注指定の解除と上場の維持を決めた。判断基準が曖昧で投資家を混乱させた、との議論が聞かれたので、「建設的曖昧さ(constructive ambiguity)」という考え方を紹介...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン