長崎火災、死亡の兄弟は溺死 浴槽で意識失ったか

2018/1/5 10:56
保存
共有
印刷
その他

長崎市の市営住宅で入浴中だった8歳と5歳の兄弟が死亡した火災で、長崎県警は5日、2人が浴槽内で見つかり、司法解剖の結果、死因は溺死だったと明らかにした。県警は風呂場に接する洗面所で発生した火災の煙に巻き込まれ意識を失い、浴槽で溺れたとみている。

県警は、洗面所には日ごろから電気ストーブが置かれており、燃えやすいものに引火し、火災が発生した可能性が高いと判断。出火時の状況を把握するため、4日に続き実況見分した。今後、出火時に台所にいた母親も立ち会わせストーブの位置などを確認する。

火災は3日午後9時40分ごろ、3階の会社員、宮本紗貴さん(31)方で発生。長男で小学2年の由翔君と、次男で幼稚園児の恵翔ちゃんが犠牲となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]