2018年9月20日(木)

築地市場最後の初競り、マグロ最高値は3645万円

2018/1/5 6:57
保存
共有
印刷
その他

 築地市場(東京・中央)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が開かれ、1匹405キロの青森県大間産クロマグロが1匹3645万円(1キロあたり9万円)の最高値で競り落とされた。10月に豊洲に移転するため、築地での初競りは今回が最後となる。

築地市場で最後となるマグロの初セリは大間産のマグロが最高値をつけた(5日、東京・中央)

築地市場で最後となるマグロの初セリは大間産のマグロが最高値をつけた(5日、東京・中央)

 最高値がついた巨大マグロは1994年に大間町で水揚げされた過去最大の440キロに迫る大きさ。築地のマグロ専門仲卸大手、やま幸(東京・中央)が落札した。

 1キロあたりの単価が最も高いマグロを落札したのは寿しチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京・中央)。同じく大間産のクロマグロ(1匹190キロ)を1キロあたり16万円、1匹あたり3040万円で競り落とした。6年連続で最高値のマグロを落札していた。

 2018年の1匹あたりの価格は17年のおよそ半分ほど。2017年の初競りの最高値は2013年の1億5540万円に次いで2番目となる7420万円だった。今年は「入荷が非常に多かったため、買い付けが分散した」(卸大手)との声が出ていた。

訂正>5日6時57分に掲載した「築地市場最後の初競り、マグロ最高値は3645万円」の記事中、「すしチェーン、築地すし好(東京・中央)などで提供される。」とあるのは誤りでした。(2018/1/5 20:53)

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報