/

関西百貨店、初売り好調 近鉄本店過去最高に

今年の関西の新春初売りは好調な出だしとなった。近鉄百貨店のあべのハルカス近鉄本店の2日の売上高は前年比13%増の9億5千万円で、開業以来最高となった。初売りの目玉である高額福袋も好調で、近鉄本店では888万円の宝飾品の福袋を購入する人もいた。

阪急うめだ本店(メンズ館含む)では2~3日の売上高が前年比1割増となり、2日の開店前に前年より500人多い約7500人が列を作った。深夜0時から並んだ奈良県の中田彩夕美さん(20)は「初売りにはワクワク感を感じる」と語った。ファッションショーの参加権利を付けた100万円のドレス福袋も複数売れた。高島屋大阪店は100万円の小判の福袋が売れた。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは元日も営業し、訪日外国人客の増加で食事や土産物の販売が例年より伸びた。年越しイベントでは「外国人客の増加が想定以上に増えた」(運営するユー・エス・ジェイ)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン