人手不足克服に意欲 北陸企業トップ年頭所感

2018/1/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仕事始めとなった4日、企業トップらは2018年の経営戦略を語った。国内外経済の先行きには前向きな意見が多かったが、人口減で常態化する人手不足への危機感は強い。多くの経営者が先端技術の活用や働き方改革による効率化を今年の課題に据えた。

人手不足対策の筆頭にあげられるのは、AI(人工知能)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの活用だ。

セーレンの川田達男会長(福井商工会議所会頭)は「全世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]