2018年の千葉 交通網整備や新商業施設に注目

2018/1/4 21:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年は千葉県内の交通網整備や市街地活性化の節目となりそうだ。東京外郭環状道路(外環道)の県内区間が6月までに開通し、県北西部の交通アクセスが大きく改善。開港40年を迎える成田国際空港も機能強化に向けた取り組みが進む。小売業界では百貨店の撤退が続く一方、新たな駅ビルや郊外型施設の増床が相次ぐなど、勢力図が大きく変化する。

外環道の三郷南インターチェンジ―高谷ジャンクション間は用地買収や工事の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]