/

この記事は会員限定です

栃木県、過疎地の生活サービス提供規制見直しへ

[有料会員限定]

栃木県は、過疎化が進む農山村部で、理美容店など生活関連サービスの提供にかかわる規制を見直す。福田富一知事が日本経済新聞社の取材に対し明らかにした。2018年度に行政改革推進室を中心とした庁内横断チームで検討。その結果を踏まえ、県独自の規制ならば緩和・撤廃し、国の規制については見直すよう要望していく。

栃木県内でも農山村部は都市部に比べ高齢化や人口減少の進みが速いため、理美容店やガソリンスタンドなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン