/

この記事は会員限定です

中国、海上原発の開発本格化 2020年前後に稼働も

領有権争いの南シナ海に新設も

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国が海上に浮かべる方式の原子力発電所の開発に本格的に乗り出した。国有の原発大手などが海上原発を開発する新会社を設立、早ければ2019年にも稼働する構想を掲げる。20年代には海上原発を20基程度建設し、中国北部の渤海や、南シナ海に配置する可能性がある。領有権争いの続く南シナ海に新設すれば、国際社会が反発することも予想される。

中国の海上原発構想を進めるのは「中国核工業集団(中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン