/

青森駅前ビル「アウガ」、市庁舎として再出発

青森市は市役所の窓口機能を、経営破綻した青森駅前の再開発ビル「アウガ」に移転し、4日から「駅前庁舎」として本格業務を開始した。午前8時すぎから1階ロビーで開業式典を開き、小野寺晃彦市長ら関係者がテープカット。市長は「これまで以上に市民に愛される庁舎となるよう職員一丸となって努めていく」とあいさつした。

アウガはファッション系の専門店と市立図書館などの公共施設が入居する複合施設として2001年に開業した。だが、商業部門の不振で第三セクターの運営会社が経営破綻。市は1~4階の商業フロアを17年2月末に閉鎖し、10月から順次、窓口の移転を進めてきた。3日までに37の部署の引っ越しが終了し、4日から業務を始めた。

駅前庁舎は各階が上り下り双方向のエスカレーターと複数のエレベーターで結ばれ、隣接の立体駐車場とも各階でつながる。市職員約1000人が勤務し、多くの市民が来庁することから、中心市街地の活性化につながると期待されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン