文大統領が元慰安婦に謝罪 日韓合意「意思に反した」

2018/1/4 15:28
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日、旧日本軍の元従軍慰安婦と大統領府で面会した。大統領府が発表した。文氏は慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について「おばあさん(慰安婦)たちの意思に反する合意だった」と謝罪した。面会した元慰安婦は、日本政府の謝罪を求めた。

合意を巡っては、韓国外相直属の作業部会が17年12月27日、日韓合意について「被害者の意見を十分聴かないまま合意した」などと批判する検証結果を発表した。文大統領は翌28日、「この合意で慰安婦問題が解決されないことを改めて明確にする」と声明を出し、同問題の対策を早期にとりまとめるよう指示していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]