/

この記事は会員限定です

巡り合わせの不思議 C大阪の2冠に思う

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

2017年シーズンの最後を飾る第97回全日本サッカー選手権大会は、C大阪が横浜Mを18年1月1日の決勝で下して43大会ぶりの優勝を果たした。C大阪は既にYBCルヴァン・カップを制しており、今回手にした天皇杯と合わせ、今季は2冠に輝いた。

決勝で先手を取ったのは横浜Mの方だった。開始8分で左SB下平匠のクロスをFW伊藤翔が胸で止め、GK金鎮鉉(キム・ジンヒョン)にぶつけることなくシュートを決めた。立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン