2019年9月16日(月)

サウスポーの視点(山本昌)

フォローする

プロ野球選手、高額年俸ばかりが幸せじゃない

(1/2ページ)
2018/1/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

プロ野球ストーブリーグは後半戦にさしかかっている。最大の目玉の大谷翔平は米大リーグ、エンゼルス加入が早々と決まった。契約更改が一段落した日本球界では日本一を奪回したソフトバンクの大盤振る舞いが目を引いた。大幅アップが相次ぎ、外国人を含めて推定年俸(以下同じ)4億円以上がなんと8人。1億円以上は17人を数える。

50歳まで現役続けられたのは…

柳田は3年の大型契約を結んだ=共同

柳田は3年の大型契約を結んだ=共同

野球選手がお金で評価される以上、高額年俸は選手の憧れ、目標でもある。提示額に満足できず保留したり、フリーエージェント(FA)権を行使して年俸の高い球団に移籍したりするのも理解できる。だが長い目でみれば、破格の年俸をもらうことばかりが幸せとは限らない。私自身がそうだった。

最多勝と最多奪三振に輝いた1997年、初めてFA権を得た私はFA市場の目玉として注目された。人生最高の脚光を浴びてみると、マスコミに追い回される非日常的な時間をしばらく楽しんでみたくなった。「他球団の話も聞いてみたい」「家族と話して決めたい」。移籍する気もないくせに、思わせぶりなコメントを発信して周囲の反応をうかがっていた。

そんなさなかの横浜遠征。駅の売店で夕刊紙1面に「巨人、山本昌」の見出しを見つけた。買ってみると具体的な年俸まで書いてある。興味津々で読んでいた私がふと目を上げると、星野仙一監督が立っていた。「すみません」と反射的に新聞を隠し、大慌てでゴミ箱に捨てた。

しばらく態度を表明せずにいると、シーズン終了から間もなく、星野監督が私について語った談話が新聞に載った。「そういう教育はしとらん」。まずい。監督を怒らせてしまった。恐れをなした私はすぐに球団に電話し、向こうの言い値であっさりとサインしてしまった。アップ額は3千万円。夕刊紙が報じた巨人の額より1億円ほど低かった。

周囲にはもったいないことをしたと笑われた。確かにタイトル2つにFA権まであるのだから、やりようによっては上積みを勝ち取れたのだろう。だがいま振り返ると、私が50歳まで現役を続けられたのは、こういうことの裏返しだったと思う。

球団による年俸格差があることは否定しない。同じ成績を残すなら、裕福な球団の方が報酬は増えるだろう。特にFA前の選手にとっては不公平といえば不公平だ。しかし、である。成功した人の多くが感じていることだと思うが、活躍の場が与えられるかどうかは実力だけでなく、チームの状況やそこでの出会いに大きく左右される。偶然入団したチームでなければ活躍できなかったかもしれない可能性を忘れてはいけない。そう考えればある程度の格差は割り切れる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

サウスポーの視点(山本昌) 一覧

フォローする
交流戦のソフトバンク戦で福田に先頭打者本塁打を浴びた巨人・菅野。腰の違和感の影響で本来の投球を見せられていない=共同共同

 今年のペナントレースも折り返し地点を過ぎた。予想を上回る活躍をしている選手がいる半面、本調子からほど遠く、苦しんでいる選手もいる。スランプはどうして起こり、いかに脱出すればいいのだろうか。
 野球に限 …続き (7/14)

春季キャンプでノックをするソフトバンク・本多内野守備走塁コーチ(右)=共同共同

 プロ野球の新しいシーズンが開幕した。ほとんどのチームでは多かれ少なかれ、首脳陣も入れ替わった。監督に比べると目立たないが、選手と監督の橋渡し役でもあり、チームの運営に重要な役割を果たすのがコーチ陣だ …続き (4/7)

高橋監督はベストな布陣で戦えない期間が多かった=共同共同

 今年のプロ野球はソフトバンクの日本シリーズ連覇で幕を閉じた。セ・パ両リーグとも打高投低のシーズンだった。西武打線は圧倒的な破壊力でパを制し、セを3連覇した広島打線も相変わらずよく打った。
 打者の技術 …続き (2018/11/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。