2018年12月13日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

貴乃花理事を解任 評議員会承認、初めて

2018/1/4 12:27 (2018/1/4 13:32更新)
保存
共有
印刷
その他

元横綱日馬富士の暴行事件で、日本相撲協会は4日午前、両国国技館で臨時評議員会を開き、巡業部長でありながら昨年秋巡業中に起きた事件の報告を怠り、その後の調査にも非協力的な姿勢を貫いた貴乃花親方(45)=元横綱=の理事解任決議を全会一致で承認、解任を決めたと発表した。理事が解任されるのは初めて。

記者会見する日本相撲協会の池坊評議員会議長(左)と小西評議員(4日午後、東京・両国国技館)

記者会見する日本相撲協会の池坊評議員会議長(左)と小西評議員(4日午後、東京・両国国技館)

評議員会終了後、議長で元文部科学副大臣の池坊保子氏は記者会見で「貴乃花親方は公益法人の役員としては考えられない行為。忠実義務に大きく違反している。調査への協力を拒否し続けたことがこの問題をここまで大きくし、長引かせた」と説明した。

協会は昨年12月28日の臨時理事会で、貴乃花親方の理事から役員待遇委員への2階級降格処分を評議員会に諮ることを全会一致で決議していた。評議員会は議長の池坊氏を含め外部有識者4人と親方出身3人の計7人で構成。4人以上が出席し、過半数が賛成すれば承認される。

貴乃花親方は協会への報告義務を怠り、被害者で弟子の貴ノ岩や自身に対する協会危機管理委員会の聴取要請になかなか応じなかった。こうした姿勢が理事の忠実義務に反すると判断された。ただ2月に予定されている理事候補選挙には立候補できる。

事件に関しては、元日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)が理事を辞任し、八角理事長(元横綱北勝海)も3月までの報酬を全額返上することが決まっている。現場に居合わせながら暴行を止められなかった白鵬、鶴竜の両横綱も減給処分となった。貴乃花親方の理事解任で関係者の処分は一巡する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

退職した貴乃花親方

 日本相撲協会は11日、東京都墨田区の両国国技館で評議員会を開き、10月に退職した元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏へ退職金と功労金を支給することを決議した。協会規定に沿った金額が支払われる見通し。退 …続き (11日 20:21)

 右膝痛で大相撲九州場所を途中休場した横綱稀勢の里は10日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋での稽古を非公開で行い、部屋関係者によると四股などで汗を流したという。東京での稽古再開から1週間が経過した稀勢の …続き (10日 19:55)

 日本相撲協会は8日、大相撲の冬巡業先で元幕内貴ノ岩が付け人を暴行した問題を受け、各部屋の師匠全員を通じて全関取に、付け人についての緊急指導を行うと発表した。「付け人は関取の小間使いではない」「絶対に …続き (8日 22:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]