/

挙式の経済効果760億円 英王子と米女優、民間試算

【ロンドン=共同】5月19日に予定される英王室のヘンリー王子(33)と米女優メーガン・マークルさん(36)の結婚式で、5億ポンド(約760億円)の経済効果が期待できるとの試算をロイター通信が3日伝えた。

試算したのはロンドンのコンサルティング会社。2011年4月に行われたヘンリー王子の兄ウィリアム王子とキャサリン妃の挙式では、海外からの観光客が前年同月比で35万人増えたことから、今回も同程度増加すると想定した。

5億ポンドのうち2億ポンドは観光客らによるホテル滞在などの消費、1億5千万ポンドは結婚を祝う人々が開くパーティーなどが生み出すほか、記念グッズの販売からも5千万ポンドの効果が見込まれると推定。さらに英国の宣伝効果が1億ポンドに上るとみている。

結婚式はロンドン近郊ウィンザー城で行われる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン