/

英国がTPP11に参加検討 FT報道

(更新)

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は3日、英国が日本など11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を非公式に検討し始めたと報じた。英国は欧州連合(EU)からの離脱を2019年3月に控えており、貿易への影響を和らげる狙いがある。英国のハンズ貿易政策担当閣外相らへの取材をもとに伝えた。

英政府内にはオーストラリアやニュージーランドなどと数カ月以内に会談する案が浮上している。太平洋から距離的には遠く離れているが、ハンズ氏は「多国間協定に地理的な制約はない」と指摘した。

英国はEUや米国が主要な貿易相手で、TPP11参加国向けはモノの輸出で8%以下にとどまるという。

英国のフォックス国際貿易相は3日、ロイター通信の取材に応じ、TPP11への参加を巡り「TPPがどのようになるかまだ分からない。少し尚早だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン