2018年7月17日(火)

血液でパーキンソン病診断 カフェイン検査、予防にも

科学&新技術
2018/1/4 6:00
保存
共有
印刷
その他

 血液のカフェイン濃度を調べて神経難病のパーキンソン病を診断する手法を発見したと、順天堂大などのチームが3日付の米科学誌に発表した。患者はコーヒーなどに含まれるカフェインを小腸から吸収する力が弱いため血中濃度が低く、発症につながっている可能性があるという。

 チームの服部信孝・順天堂大教授は「皮膚からカフェインを吸収させて血中の量を増やせば、発症を予防したり、進行を遅らせたりできるかもしれない」としている。

 チームは、コーヒーなどのカフェインにパーキンソン病の発症予防効果があるとの報告に着目。患者108人と健康な人31人から血液を採取し、カフェイン濃度を比較した。摂取するカフェイン量はほぼ同じでも、患者の血中濃度は健康な人の3分の1だった。

 さらに9種類の関連物質の濃度も患者では低く、これらを調べることで、発症初期でも病気を診断できると確認した。カフェインには脳の神経の細胞を保護する作用があり、小腸からの吸収力が低い人は神経が傷つきやすいとみられる。

 パーキンソン病は、脳の特定の神経細胞が減り、手足の震えなどの症状が出る。通常、症状や画像から診断するが発症初期は判定が難しい。発症初期でも血液検査で診断できれば、簡単で早期治療にもつながる。

 発症前から神経の減少は始まっているとされ、チームは今後、血液検査で発症前の予備軍を探す方法や、カフェインを皮膚から吸収させるパッチの開発を目指す。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報