2018年1月21日(日)

波乱の英独政局、1強崩れ欧州分裂に懸念 プーチン氏の影響拡大も
激動の世界~2018年を読む(2)欧州・ロシア編

Brexit
ヨーロッパ
2018/1/2 21:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 欧州では2018年、英国とドイツの政局が波乱要因となりそうだ。英国の欧州連合(EU)離脱交渉の期限が迫るなか、EUとの溝は大きく、国内も割れている。欧州を率いてきた独メルケル政権も連立協議の行方が見通せないままだ。ロシアのプーチン大統領は3月の大統領選で再選される見通し。欧州各国への影響力を強めるとみられ、欧州の分裂への懸念が深まっている。

 英国とEUは清算金など離脱条件の交渉にメドをつけ、本丸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報