ソウル市長「再交渉は不可避」 日韓慰安婦合意巡り

2018/1/2 20:31
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は2日、ニュース専門の放送局「YTN」の番組に出演し、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について「再交渉は避けられない」と発言した。

朴氏は「合意には韓国政府が国民(の意見)を代弁しているのか、日本を代弁しているのか分からないような内容が含まれている」と語り、朴槿恵(パク・クネ)前政権の対応を批判。再交渉について「政府間の合意であるので簡単ではないが、時間がかかっても問題提起すべきだ」との認識を示した。

朴氏は11年に当選し、現在2期目。6月の統一地方選で3期目に立候補する可能性が取り沙汰されている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]