/

この記事は会員限定です

イアン・ブレマー氏「米中に『テクノロジーの冷戦』」

米朝、偶発的な衝突リスクも

[有料会員限定]

米政治リスク調査会社ユーラシア・グループは2日、2018年の世界の「10大リスク」を発表した。17年の首位には「独立した米国」を挙げたが、18年のリスク首位は「中国」。同社のイアン・ブレマー社長にその理由などを聞いた。

――18年の10大リスクのトップに「China Loves Vaccum(中国は真空状態を愛する)」を挙げた。どういう意味なのですか。

「国際社会を主導する国がなくなる『Gゼロ』と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2304文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン