2018年10月17日(水)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井上尚TKO圧勝、強敵求め18年はバンタムへ

2017/12/30 23:07
保存
共有
印刷
その他

数少ない波乱要因と思われた6センチの身長差、7センチのリーチ差もあってないようなものだった。「距離感をつかみたいと思って」様子見でスタートした初回、早々に相打ちの左フックがどんぴしゃで挑戦者の顔面をとらえた。この回終盤に再びの左フックでなぎ倒した時点で、ほぼ勝負は決したといっていい。

いずれも左ボディーでマットにはわせた3回の3度のダウンは、挑戦者の悲鳴が聞こえてくるようだった。その圧倒的なパフォーマンスに、会場もこれまでのボクシング世界戦とは空気感が違う。我らが王者の攻勢に上がる歓声よりも、傑物の驚くべき強さに感嘆とどよめきが支配した。

勝ちっぷりに加え、試合後の表情も24歳を怪物たらしめた。ニコリともしなかったのだ。「物足りないと言ったら相手に失礼だけれど、もっとヒリヒリする試合をしたい。喜べないというか」

丸3年で7度の王座防衛を果たしたスーパーフライ級にこの試合限りで別れを告げ、2018年はバンタム級に戦いの場を移す。厳しい減量や拳のケガを乗り越えた防衛ロードは「いい経験を積めた」一方で、不完全燃焼の念も残した。対戦を望んだ国際ボクシング連盟(IBF)王者アンカハス(フィリピン)との統一戦をはじめ、「やりたいと思った相手とできなかった」からだ。

新天地で追い求めるのはただ一つ、強豪たちとのビッグマッチ。現役続行を決めた山中慎介、山中からベルトを奪ったネリ(メキシコ)ら実力者がしのぎを削る。「チャンスがあればどこへでも行きます」と高らかに宣戦布告した。(山口大介)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

記者会見後、練習で汗を流すボクシング元世界王者の高山勝成選手(16日午前、東京都港区)=共同

 日本ボクシング連盟は16日、東京都内で記者会見し、プロの元ミニマム級世界王者でアマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成(35)=名古屋産大=のアマ登録を認めると発表した。日本連盟による …続き (16日 16:48)

男子個人形決勝 優勝した喜友名諒(14日、東京武道館)=共同

 世界各地を転戦する空手の賞金大会、プレミアリーグの今季最終戦となる東京大会は14日、東京武道館で最終日が行われ、形はともにジャカルタ・アジア大会を制した男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)と女子の清水希容 …続き (14日 19:30)

復帰戦となった全日本女子オープン選手権57キロ級決勝で望月芙早乃選手(右)と対戦、優勝した伊調馨選手(14日、静岡県三島市)=共同

 五輪の女子個人種目で史上初の4連覇を成し遂げたレスリングの伊調馨選手(34)=ALSOK=が14日、静岡県三島市で行われた全日本女子オープン選手権57キロ級で3試合を勝ち、2016年リオデジャネイロ …続き (14日 18:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]