2018年8月21日(火)

新税、なぜ「千円」 国際比較に納得感はあるか

政策研究
2017/12/30 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 2018年度税制改正でふたつの新税の創設が固まった。森林環境税と国際観光旅客税だ。かけ方は異なるが、不思議なことにどちらも税額は1000円。税額はどうはじき出したのか。切りのよい数字と言えばそれまでだが、納税者の納得感は得られるのだろうか。

 当初「出国税」とした国際観光旅客税は19年1月に導入する。日本人も含めた海外への出国者が1人1000円を払う仕組みで、「地価税」以来27年ぶりの新税だ。森林…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報