/

株券が電子化 09年1月5日(ニュースなこの日)

株券と言えばかつては紙が当然だったが、2009年の1月5日からは電子データに切り替わった。自宅に保管した「タンス株」を除く3587億株を電子化する、という官民あげての国家的プロジェクトだった。当日、日本証券業協会のコールセンターでは20台の電話が鳴り続け、投資家から「自宅にある株券はどうしたらいいのか」といった問い合わせが多数寄せられたが、目立った混乱はなかった。

売買のたびに名義を書き換える手間が電子化で簡素となり、証券会社の支店からは株券用の金庫が姿を消した。株券の盗難や紛失のリスクも減った。一方、電子データの情報管理を徹底するため「システム投資が重くのしかかるようになった」(大手証券会社幹部)との声がある。

電子化で1株に満たない株式が無効になるとあって、企業は株式分割や単元株引き下げに動き、売買しやすい環境を整えた。現在進む決済の短縮化にも一役買っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン