/

この記事は会員限定です

空き家の取引促す 不動産仲介手数料を増額、国交省

[有料会員限定]

国土交通省は価格が低い空き家の不動産取引について、不動産業者が受け取る仲介手数料を引き上げる。物件の調査費用が負担となって、業者が取引を敬遠するケースもあった。コスト負担を和らげ、空き家の流通を促すのが狙いだ。2018年1月1日に施行する。

不動産業者が受け取る取引の仲介手数料は、同省が宅建業法に基づく告示で、物件価格に応じて一定額を受け取れるよう規定。例えば200万円以下の物件の手数料は価格の5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン