/

この記事は会員限定です

「AI検定」2時間233問 記者が受けてみた

[有料会員限定]

人工知能(AI)に関する知識を問う通称「G検定」。日本ディープラーニング協会(JDLA、東京・港)が主催する試験だ。ディープラーニング(深層学習)や機械学習への理解を深めて、産業に応用を促すという。日ごろAIスタートアップなどを取材する記者(28)が検定料を自腹で払い試験を受けてみた。初めての試みということもあり、受験者サイドも運営サイドも戸惑いが多い結果となった。試験の結果は――。

時間になっても始まらない

試験は「JDLA Deep ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1834文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン