/

この記事は会員限定です

冒険こそ商いの源 企業に度量はあるか

[有料会員限定]

明治の「殖産興業」で急速な近代化を実現した日本。忠誠心を持って会社に尽くせば産業も日本も成長するという幸せな時代は通り過ぎた。社外に目を向け新たな可能性を探る自由な個人と、それを活用できる企業が日本を強くする。

▼維新キーワード 殖産興業
 殖産興業政策の象徴の一つ「富岡製糸場」(群馬県)。フランス人技師のポール・ブリュナは機械による大量生産だけでなく「日曜定休」「1日8時間程度の労働」といった労働管理の考え方も日本にもたらした。
 明治初期の設立当初、この官営模範工場の労働環境は先進的で恵まれていたが民間に払い下げられ、労働時間は徐々に延びたともいわれる。大正時代には製糸産業の過酷な労働は問題となる。企業の採算と過重労働。課題は今も変わらない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン