/

この記事は会員限定です

仮想通貨狙う北朝鮮サイバー部隊 制裁下の資金源に

[有料会員限定]

韓国で仮想通貨取引所がハッキングされ、経営破綻した。犯人は特定されていないが、北朝鮮が関与したとの見方が強まっている。国際社会による経済制裁が強化され、北朝鮮が外貨を稼ぐ手段は細る一方だ。苦境をしのぐため、精鋭ぞろいのサイバー部隊をネット空間での窃取や恐喝に動員しているとみられる。

「またやられた」

韓国の仮想通貨取引所「ユービット」の運営会社ヤピアンは19日、ハッキング被害に遭った事実と破産手続きの開始を公表した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン