/

この記事は会員限定です

過疎逆手、挑戦者呼び込む

2018元気な四国のために(高松支局長 真鍋正巳)

[有料会員限定]

四国のまん中の山あいにある高知県大川村に和田将之さん(27)が群馬県から移り住んで4年目となる。東京のNPO法人が募集した「緑のふるさと協力隊」に志願して派遣され、その後も村にとどまって現在は嘱託職員である集落支援員を務める。

村が2016年4月から自前に切り替えた学校給食に、地元の食材を取り入れるための農家との調整やイベント運営などに携わる。村の女性と結婚し、米作りを始めて狩猟免許も得た。村には...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン