点字ブロック オシャレに 日本興業、東大などと開発

2017/12/29 1:00
保存
共有
印刷
その他

コンクリート製品製造の日本興業は東京大学の研究グループなどと共同で、デザイン性を重視した新しい色の点字ブロックを開発した。通常の黄色より色が薄く景観に調和するうえ、視力が弱くても見て確認しやすいという。2018年春ごろの発売を予定する。

景観に合わせやすい色合いのブロックを開発した

新しい点字ブロックは黄緑の「クールイエロー」とオレンジがかった「ウォームイエロー」の2色。通常の黄色のブロックは明るく目立つが、景観に合わせにくいこともある。新製品は色合いの工夫により夕暮れ時でも黄色のブロックと同等以上に認識できるという。

ブロックの突起に丸みを持たせて衝撃を和らげたり、突起のない平らな部分を設けたりし、車いすやベビーカーなどにも配慮した。開発には東大分子細胞生物学研究所の伊藤啓准教授のほか、LIXILなどが参加。建築家の隈研吾氏も協力した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]