/

大型太陽光発電、規制へ 静岡・伊東市が条例素案

静岡県伊東市は大規模太陽光発電の設置を規制する条例素案をまとめた。2018年の市議会3月定例会に提出し、成立後周知期間を経て、7月1日の施行を目指す。市内の八幡野地区では敷地面積約100万平方メートルの大規模施設の計画が進み、市や住民が景観や自然保護から反対を申し入れている。規制条例の制定で、今後の開発に歯止めをかける狙いだ。

市内全域を抑制地域と位置付け、事業区域が1000平方メートル超、総発電出力が50キロワット以上の施設を対象にする。事業者には地域住民に対する説明会の実施と市長の同意、事前の届け出などを求める。太陽電池モジュールの総面積が1万2000平方メートル超の事業には同意しない。

八幡野地区の事業は条例施行前に着工し、条例が適用されない可能性が高いという。

伊東市は土地利用の指導要綱は定めているが、大規模太陽光発電への拘束力はなかった。市は18年1月24日まで、素案に対する意見を募ることにしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン