/

この記事は会員限定です

BM&W、風速計を共同開発 フィンランド社と

[有料会員限定]

ソフトウエア開発のBM&W(新潟市)はフィンランドの気象観測機器メーカーのヴァイサラなどと組み、風速計量システムを開発する。ヴァイサラが販売している風速計にBM&Wが開発したクラウドシステムを連動させ、リアルタイムで風速や風向などの数値分析を可能にする。気象研究での活用を見込み、自治体や大学に売り込む。

BM&Wは12月、ヴァイサラや雪氷防災研究センター(長岡市)と共同で風速計の性能試験を始めた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り229文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン