/

この記事は会員限定です

「柔家族」のススメ 家事外注が生む絆

[有料会員限定]

明治政府が掲げた「家父長制」。女性に家庭を守らせ男性の労働力を投入し、経済を陰から支えてきた。人口減少に転じ、女性の力が欠かせない今なお、性別役割分担の意識が残る。家族の構造改革は待ったなし。目指すのは、他者とつながり男性と女性の役割を固定しない「柔家族」だ。

▼維新キーワード  家父長制
鯉(こい)のぼりは、父(黒)、母(赤)、子(青)が基本形だが、明治時代は父と子の2匹だけだった。童謡に「大きい真鯉はお父さん、小さい緋(ひ)鯉は子供たち」とあるが、緋鯉が母となったのは昭和になってから。2匹だけの鯉は明治の家父長制の象徴とされる。
 1885年に発表された福沢諭吉の評論「日本婦人論」は、男性に比べ女性が財産権や社会参加などで制限を受けている現状を描いた。その上で、教育の機会も含め男女が平等であるべきだと指摘している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2380文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン