2018年7月18日(水)

日韓置き去りの米中密談 本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2017/12/29 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 北朝鮮危機は来年、重大な局面を迎えるだろう。米本土に届く核ミサイルが、完成に近づくとみられるからだ。日本や韓国にとって、最悪のシナリオが2つある。

 まずは、トランプ米政権が十分な相談なしに攻撃を決断してしまうことだ。もう一つは、米中が日韓に教えずに密談を重ね、戦争になったらどうするか、対応を決めてしまう展開である。

 いずれも絵空事とは言い切れない。前者の危険はかねて言われているが、最近、後者の兆…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報