/

この記事は会員限定です

G7最悪でも…痛み伴う財政再建、及び腰(宿題2017)

[有料会員限定]

来年度予算案を決めた22日夜、麻生太郎財務相は省内の慰労会でご機嫌だった。「いい予算ができた」。診療報酬改定など課題は多かったが、社会保障費の伸びは5千億円にとどめたし、新規国債発行も減らした。麻生氏ら財務省幹部は「歳出改革の目安を3年連続で達成した」と胸を張る。

現実はどうだろう。2018年の債務残高見通しは国内総生産(GDP)の240%、主要7カ国(G7)で最悪という状況に変わりない。不名誉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン