2018年6月24日(日)

画像認識ソフトのフィーチャ、トヨタ系1.2億円出資

スタートアップ
2018/1/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 画像認識ソフトウエアを提供するフィーチャ(東京・豊島、脇健一郎社長)は、トヨタ自動車が出資しスパークス・グループが運用する未来創生ファンドから1億2200万円の出資を受けた。フィーチャは独自に開発した機械学習アルゴリズムを通じて車載用カメラで撮影された画像から人、車体、標識などの対象物を高精度かつ高速で検出する技術を持つ。トヨタとはすでに車載用の画像認識ソフトウエアの共同研究を進めており、出資を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報